アシレーヌ 耐久調整。 アシレーヌ育成論 : 【対ドヒド・ポリ2】瞑想アシレーヌ|ポケモン育成論ソードシールド|ポケモン徹底攻略

【単体考察4】弱点保険ウーラオスの初手ダイマは絶対強い【ポケモン育成論】

☎ アシレーヌの対策 アシレーヌは種族値が高くタイプも優秀なので対策は少し難しいです。 投稿者:桟敷の上の桟敷• また、も珠でなければ、受けだしからを切ることで処理可能。

8
たまに、を絡めた積み展開を素早く破壊するためにやと共に先発で出すこともある。 受けループはでヌオーやピクシーを狙ってトリック。

B振り控えめアシレーヌの調整

📞 ラムを持たせている理由は、受けループに勝つため。 -- 名無しさん 2018-02-23 16:12:32• 次に、今大会のフェアリータイプの少なさもあり、ポリゴン2の突破手段として、 タスキ一撃ウーを採用。

ポケリフレで撫でまくってたら何かに目覚めたけど・・・ -- 名無しさん 2016-12-07 17:39:06• 選出 基本的に をックスエースとして初手に選出、水の通りが悪い時は代わりに を出す。 ハチマキパワーえぐいてー。

アシレーヌ : テンプレ Zアシレーヌ|ポケモン育成論サンムーン|ポケモン徹底攻略

🖐 アシレーヌの育成論 アシレーヌの育成論はこのようになります。 意外かもしれませんが、『だくりゅう』は覚えることができません。

今後はレート2000をいつか達成できるように頑張っていければと思います。 投稿者:Raru• また、環境にいるドラパルトがほぼ耐久振りな上に弱保持ちが多いため、が下手に弱点を突くと大変なことになる。

サイクル構築で上位を目指す!!

📞 特殊耐久は等倍であれば2回耐えると考えて動いてよいほど十分にあります。 チョッキをもたせることによって本来出し負けとなりやすい カプ・コケコ、 霊獣、 、 ゲンガー、 とも殴り合うことができます。 別に進化の速さに裏は無くね? -- 名無しさん 2019-05-28 11:07:40• コメント 2 最終43位 いいね! Bが若干硬くなり、HPが伸びたので特殊方面もアップ。

12
異論は認めます。

アシレーヌ

☯ 剣盾でZワザが廃止されるけど、彼女は専用Z型以外でも実績出してるから大丈夫かな?もっとも、出られるかどうかという根本的な問題があるけど -- 名無しさん 2019-06-14 07:03:20• とんぼ返りは交換読みしつつ負荷をかけられるため優秀でした。 一方「りんしょう」は単体攻撃なので余計な相手を巻き込む心配がなく、技の仕様上「みずのちかい」と同じく鈍足高火力な種族値を活かすこともできる。 選出率はそこまで高くありませんでしたが、相手のをトリックで縛って裏を通すプランを取れそうな時に選出することが多かったです。

ありがとうございます。

耐久調整ツール(ソードシールド対応)|ポケモン徹底攻略

🤩 コメント 0 最終22位 いいね! 友人も3回リセットでメスが出たとか。 そのため、前情報の段階で「きつけ」や「めざましビンタ」と同じように、状態異常を回復する代わりに威力2倍という効果ではないかと予想した人も多いと思われる。

1
優秀な攻撃範囲 水とフェアリーは攻撃面も優秀でありどちらも半減できるポケモンは少なく、メジャーポケモンでいうとナットレイとフシギバナくらいです。 選出率1位タイ ・ 特性:ちからもち 持ち物:こだわりハチマキ 技構成: じゃれつく ばかぢから :意地っ張り H156 A228 B12 D20 S82 調整意図:無振りポリゴン2抜き抜き&ダウンロード対策 Aアップ ゴリラがいないことでイキれた兎。

アシレーヌ : BCオボン|ポケモン育成論サンムーン|ポケモン徹底攻略

♻ このままだと受け構築に何もできないため、最後の枠に ヘドロガラルヤドランを採用し、構築が完成しました。 滅びを切るとバトンバシャ バトン展開されると役割遂行できないどころか大変なことに やゴーリ アリアだけだとかなり不安 への抵抗が弱くなってしまうため他の技を追記しませんでした。 -- 名無しさん 2019-06-19 12:03:07• 2点失礼します。

を通すときは、相手の死に出しを裏で突破しなければならないため、入りにはゴリランダーを確定で選出していました。 この構築で受けを破壊できるのがドラパとヒトムしかいないため、一度毒を流せるラムの実で落ち着いた。

【サンムーン】流行している「アシレーヌ」のオススメ努力値や育成方法を教えてくれ!

👇 ・ HC眼鏡型 サイクル崩し性能や対面での撃ち合い性能が高いためエース起用ができる。 繰り出し性能も上がり、ある程度サイクルを回せるようにもなります。 ゴリランダーを出すときはサンダーと対面した時の引き先が必要なため、を全体に選出していました。

14
サンダーの静電気麻痺で落とした試合がありすぎて殺したくなる時もありましたが、構築のエースとして最高の活躍を見してくれました。 こらえるの枠はダイウォール枠ならなんでもよかったが使う機会が剣の舞よりあると考えてシーズン終盤まで採用。