キュンメル 男爵。 「銀河英雄伝説6 飛翔編」 田中 芳樹

エルネスト・メックリンガー

😩 であれば、「正しい(つもりの)事をした」上で 「帝国の弱味(人質)」にもならず「「忠言を呈した」 レンネンカンプに主観的に疚しい所は全くなく、 従って「死刑以外の(彼個人にとって)不当な性分が 下されても(彼の)正義が明白化するまで忍従する 事はさほど無理とも思えません。 そのため、皇帝並にラインハルトから嫌悪されており、彼がミューゼルの名をあっさり捨て、皇帝から下賜されたローエングラムの家名を継いだのも、憎い男の家名をさっさと捨てたかったというほどであった。

6
その後、致命傷を負って死を覚悟したケンプに要塞から撤退するよう命令され、ミュラーにケンプの最期を伝える。 皮なことに、この謹慎期間をきっかけにの存在の大きさをも自覚し始める。

ハインリッヒ・フォン・キュンメル

🤐 乗艦はヴィルヘルミナ。

6
ロイエンタールがアンネローゼと政略結婚する、というシナリオも十二分に発生しそうですね。

「銀河英雄伝説6 飛翔編」 田中 芳樹

🤣 その他の貴族(ゴールデンバウム) [ ] リップシュタット陣営に与したものはを参照。 のち大本営情報主任参謀。 なお、ルビンスキーは彼女がリヒテンラーデ家とは無縁の女性で、そう思い込んでいるだけ(さらにそれをラングが仕向けた)ようなことを匂わす発言をしている。

17
上記の様にラインハルト個人を相手にするのと違い一応同格の面々との合議議題の提出ですから、もう少し心理的負担は軽く目算の目途も立ちやすいのではないでしょうか。 優れた洞察力を持って(たとえ主人の意に反しても)意見具申を行い、蔑ろにされても主人に忠節を尽くそうとする誠実な性格。

裏銀英事典 人名以外か行

🙌 中将(のち大将)。

19
8503 Re8501:IFのレス 投稿者: 2010年08月13日(金) 22時13分 <実行犯がマリーンドルフ家と近い血族のキュンメル男爵であること。 ハインリッヒ・フォン・キュンメル男爵はヒルダの従弟で、病弱で余命短く、 ヒルダのお父さんが後見人を務めています。

反銀英伝・思考実験編7-B | ザ・ベスト | 田中芳樹を撃つ!

🤩 ブラウンシュヴァイク公の腹心。

11
のちの第8次イゼルローン攻防戦にも名前が登場しており、ケンプから危機に陥ったミュラー艦隊を救うよう命令されている。

第57話「キュンメル事件」

👍 『わが征くは星の大海』に登場するオリジナル人物。 レンネンカンプの暴走も、元々はオーベルシュタインの扇動が原因のひとつでもあったのですし、それがなくなればこちらも結構イイ線いくかもしれません。

17
三長官職と同じ元帥号だが、幕僚総監の説明はなく、ほぼ名前だけの登場。

銀河英雄伝説の登場人物・銀河帝国

🚀 であれば、「正しい(つもりの)事をした」上で「帝国の弱味(人質)」にもならず「「忠言を呈した」レンネンカンプに主観的に疚しい所は全くなく、従って「死刑以外の(彼個人にとって)不当な性分が下されても(彼の)正義が明白化するまで忍従する事はさほど無理とも思えません。 藤崎版では実際年齢以上に老耄とした外見の人物として描かれてる。 元帥杖授与式においては反ラインハルト派で知られたオフレッサーとの会話の中で、上記のようにラインハルトを認める旨を発言を行う。

5
出産の報を聞くと共に喜びを分かち合い、この2年後に20歳以上の歳の差ながらマリーカがケスラー夫人になったとある(自分から積極的にケスラーにアプローチしたことが示唆されている)。