ハヤブサ 新型。 世界を沸かせた超高速マシンが復活 新型「スズキ・ハヤブサ」にみる次世代アルティメットスポーツの姿

スズキ、フラッグシップの大型二輪車 新型「Hayabusa(ハヤブサ)」を発表|スズキ

👀 新型のメーターも最高速付近を示しているが、22年後のモデルにも同じ雰囲気が継承されている。 モード2はより軽いタッチを可能にしている。

4
サポート技術 慣性計測装置(IMU) 上記の高度な機能の実現に役立つサポート技術の1つは、ボッシュが提供する新しい6軸IMU。 また、馬力規制撤廃の流れを受けて2014年には日本仕様の「隼」が登場し、その人気を後押ししたのである。

スズキ・ハヤブサ(6MT)【レビュー】 進化する猛禽

☝ 筆者が12年間乗り続けていた2代目ハヤブサ(カナダ仕様)。

20
ここまでルックスの話をせずに来てしまったが、新型ハヤブサ、あなたは好きですか? SNSでの反応などを見ると、このスタイリングは好き・嫌いの意見がキッパリ分かれているようだ。 モーショントラックブレーキシステム 概要:コーナリング時、車体のバンク角に応じてABSを制御 このシステムは直線走行時だけでなく、コーナリング時もABSを作動させることによって制御を強化。

【スズキ ハヤブサ 新型】究極のスポーツ、走行性能を進化[詳細画像 全34枚]

👐 2008年には排気量が1299㏄から1340㏄へ引き上げられ、二代目に進化。

10
この新機能ってハヤブサに乗るオーナーさんの気持ちもちゃんと考えて作られてますよね?他にも3代目は電子装備が満載で、使いこなしきれはしなかったけど、きっとそれらも乗りやすさに貢献していると思います。 サイドパネルに踊る印象的な差し色とクロームのアクセントは、エンジンの始動音を待ちかねる「Hayabusa」の底知れぬポテンシャルをビジュアルで表現。

スズキ、フラッグシップの大型二輪車 新型「Hayabusa(ハヤブサ)」を発表|スズキ

📞 高性能エンジンやシャシーに組み合わせられた、ビギナーや回帰組も安心の電子制御システムの数々を徹底レポートしよう。

4
しかもどうやら コンビブレーキになっているようで、フロントの操作で前後にブレーキがかかる仕組み。

新型のスズキ・隼(ハヤブサ)は、乗り手をフォローする電子制御システムが大充実。徹底解説|Motor

❤️ 新しいモーショントラックトラクションコントロール、アンチリフトコントロール、アクティブスピードリミッター、クルーズコントロール、モーショントラックブレーキ、スロープディペンデントコントロール、ヒルホールドコントロールシステムは、IMUが提供するデータを採用。 「Hayabusa」は、1999年に初代モデル、2007年に2代目モデルを発売して以来、開発コンセプト「Ultimate Sport(究極のスポーツバイク)」のもと、高い空力特性を持つ独特のデザインや優れた走行性能で世界中のお客様からご好評いただいているスズキのフラッグシップモデルである。

隼のローンチコントロールシステムには、ライダーが自分の経験や自信のレベルに合わせて選択できる、3つのモードを装備。 他にも、クラッチには新型のアシストスリッパークラッチが採用され、トランスミッションのベアリング変更によってシフトフィーリングの向上を狙うなど、きめ細かくアップデート。

SUZUKI ハヤブサ/13年振りのフルモデルチェンジ 三代目が飛翔!

⌛ 電子制御は新たにの電子制御システムS. スズキは、新型ハヤブサの開発にあたり、「電子制御スロットル(ライド・バイ・ワイヤ)の採用や吸排気の機構変更などにより、低中速域における出力とトルクを向上しながら、空力特性の追求により高速性能を落とすことなく」ユーロ5に対応させたという。 デザインコンセプトは、「The Refined Beast(凶暴さを制す知性)」。

20
システムの稼働を示すメーターの「H」マークは、作動している時に点灯し、システムが作動していない時は点滅するしくみ。

スズキ、フラッグシップの大型二輪車 新型「Hayabusa(ハヤブサ)」を発表|スズキ

🤣 システムがトラクションの喪失を判断すると、ECMは電子スロットルバルブ、イグニッションコイル、スパークプラグ、燃料噴射装置への出力を制御して、出力を制限し、スリップを防止。 ということで、ひとまずは速報から。

13
テールカウルが下がったハヤブサらしいシルエットに、横長のテールランプが光る。 3kgm/7000rpmの性能を発揮。