宮古 毎日 新聞 コロナ。 宮古島でもワクチンの先行接種始まる(宮古毎日新聞)

宮古島市、新規感染6人 新型コロナ | 宮古毎日新聞社ホームページ

😘 それを受けたことは良かった」と強調した。

12
年代別では、20代の29人が最も多く、そのほか50代28人、40代25人、10代24人、30代22人、60代20人、10歳未満12人、70代10人、90代7人、80代6人。 県立宮古病院 【宮古島】沖縄県立宮古病院(本永英治院長)は19日、宮古島市内で急増する新型コロナウイルス患者に対応するため、診療を一部制限すると発表した。

宮古病院で診療制限 コロナ患者急増「医療崩壊の危機再び」

♻ 宮古島市で初となる新型コロナウイルスワクチンの医療従事者への先行接種が8日、沖縄県立宮古病院で始まった。

5%)、直近1週間当たりの新規感染者数 1597人 、新規PCR検査の陽性率(8. また、本永院長は1月末ごろに島内での感染が拡大したこと踏まえて、「島内での拡大で大変な思いをした。 全国で2番目に多いのは、北海道の36. 直近1週間平均の感染経路な症例の割合が5割を超えたことについて、糸数統括監は「今後、 保健所の 調査が進んで下がる可能性はある」としながらも「1週間前は30%台だったが、徐々に上がっている。

陽性者7割が20~40代/新型コロナ | 宮古毎日新聞社ホームページ

😭 記者団から出た「宮古の医療体制で重症患者に対応できるのか」との質問に対し、保健医療部の糸数公保健衛生統括監は、「県立宮古病院はICU(集中治療室)もある。 本永院長は会見で「医療崩壊の危機が再び迫っている。 各種イベントも軒並み中止となり、小中学校は安全を重視して一斉休校に入るなど島全体が混乱した。

8
警戒レベル7指標のうち、療養者数(2730人)、病床占有率(97. このうち1人は、7月31日に赤十字病院での死亡で、死因は新型コロナではなくもともとの病気という。 今は、どこで感染してもおかしくない状況。

新型コロナ 29日、宮古地区は新規感染2人 | 宮古毎日新聞社ホームページ

👀 60代でも男性3人が感染した。

4
1月の爆発的な感染拡大は県の緊急事態宣言下だったが、宣言から2週間を経過したあたりから効果が出始め、新規感染者は急速に減少した。

患者死亡、宮古初/新型コロナ | 宮古毎日新聞社ホームページ

⚛ 当面は警戒を緩められない状況だ。 宮古地区での感染は、9日も2人が確認されており累計では32人。 専門家の間では、ここで感染し、家庭に持ち込んで広げている可能性が指摘されている。

18
感染者を年代別で見てみると、3月1日から4月20日までの間、20~40代が全体の7割を占める。

宮古島でもワクチンの先行接種始まる(宮古毎日新聞)

♥ 26日に1日当たりでは過去最多となる34人が確認され、27日は33人、28日は過去最多を更新する35人を数えて爆発的な感染拡大に見舞われた。

7日を除いて毎日感染者が確認されており、17日には16人、19日には14人、21日11人、22日19人、23日13人と2桁が続いている。 11日から16日間連続でゼロ、3月も1日から16日まで1人の感染者も出さずに通した。

[B!] 【速報】新型コロナ 11日、宮古地区の新規感染2人か | 宮古毎日新聞社ホームページ

⚡ 新型コロナ関連により県内で亡くなったのは、合計10人となった。 同病院では約450~500人の職員が対象で、今後3週間程度で希望する全職員に接種する計画となっている。

8
次いで30代女性が15人、40代女性が6人、20代男性は5人。

陽性者7割が20~40代/新型コロナ | 宮古毎日新聞社ホームページ

👋 その後は県独自の緊急事態宣言を含めた感染防止対策の徹底等で2月は落ち着きを取り戻す。

2
県立宮古病院のコロナ病床は満床となり、26日から一般外来を休止せざるを得ない状況まで追い込まれた。 県の警戒レベル7指標は、療養者数 332人 と直近1週間合計の感染者数 251人 が最も高い第4段階の「感染まん延期」で、病床占有率 53. 宮古島における年齢別発生状況 宮古島市で新型コロナウイルスの感染が拡大している。