平仄 を 合わせる。 「平仄(ひょうそく)」とは?意味や使い方を例文付きで解説

「平仄を合わせる」とは?意味や使い方を解説!

⚐ 事実の筋道にも合致するし、全体の事情ともよく 平仄 ひょうそくが合うのだ。 特に読み方は「へいじん」などと間違えやすいため、注意が必要です。

12
時には道理に外れたことも起こるものだ。 「とりあえず、上司の前でこのことがばれないようにと僕らは平仄を合わせることにした」 「彼女たちは、今頃平仄を合わせる為の工作に必死なんじゃないか」 「大きく変えると反発が起こるからこれまでのやり方と平仄を合わせるようにしよう」などと使います。

技術力とは ~ 「平仄」という漢字が読めますか?

😇 (=側聞)• しかし、帳簿の計算以外の平仄や辻褄についても「帳尻を合わせる」という表現を使うことができます。 各句第2字を横に見てゆき仄平平仄、または平仄仄平とする粘法を守る。 これが転じて、「平仄」は順序や筋道という意味で使われるようになり、「平仄を合わせる」は順序や辻褄を合わせることの意味になりました。

平仄に拘って「木を見て森を見ず」にならぬよう気をつけたいものです。 人からの信頼を得るためには、言動と行動が一致している必要があります。

「~に合わせる」って英語でなんて言うの?

🤘 これは何のための区別なのかというと、漢詩を作る際に、「平字」と「仄字」を規則的に配分することで、詩に欠かせない音の調和やリズム感を生み出すためです。 長年、キーボードを使ってきましたが漢字から平仮名へ変換する機能があるとは知らなかったのです。 ここから、「順序・つじつまを合わせる」という意味に発展したのが「平仄を合わせる」です。

6
漢詩、特に唐代に入って生まれた近代詩では、「平声」と「仄声」のバランスが取れている詩は美しいリズムになっているとして評価の対象とされてきました。

【平仄を合わせる】と【足並みを揃える】の意味の違いと使い方の例文

👆 平声(ひょうしょう)…高く平らに発音するもの。 過去の発言と 平仄を合わせて主張をする。

平仄を合わせるとは「 つじつまや順序を合わせる」という意味です。

平仄 を 合わせる

💙 今の仕事では、様々な会社の人と関わるため、初めて聞くことばを知る機会も多く、毎日が勉強です。

絵本のくだんのページにはアルファベットの文字はおのおの一回しか出て来ないから、どうしても単語が不完全なものになってしまう。

「平仄」とは?意味や使い方をご紹介

🤭 六朝~唐時代の中国の漢字には、「四声(しせい、ししょう)」と呼ばれる4つの声調(音韻、アクセント、音の上げ下げ)による発音の区別がありました。

14
これが「平仄が合わない」という例です。