キャタピラー ジャパン 明石。 キャタピラージャパン(同) 明石事業所・油圧ショベル開発本部

キャタピラージャパン、一部機能を明石へ移転/相模原事業所で生産停止

😎 魚住町清水の国道2号線沿いに大きな工場?事業所があり、多くの方が働いていますよね! 明石事業所の周辺には部品加工や板金などの下請け企業が多く集積する。 (2016年10月1日号掲載). 1.本年度の受賞者: (一般部門) 最優秀賞(奨励金100万円+賞状) ・氏名:服部 梓 氏 所属機関:大阪大学 産業科学研究所 優秀賞(奨励金30万円+賞状) ・氏名:高瀬 恵子 氏 所属機関:NTT物性科学基礎研究所 量子電子物性研究部・量子固体物性研究グループ ・氏名:北村 恭子 氏 所属機関:京都工芸繊維大学 電気電子工学系 審査員特別賞(図書券5万円+賞状) ・氏名:Bernard Chrystelle 氏 所属機関:東北大学 学際科学フロンティア研究所 東北大学 日仏ジョイントラボラトリーELyTMaX,CNRS (学生部門) 最優秀賞(奨励金30万円+賞状) ・氏名:西垣 朱莉 氏 所属機関:京都府立大学大学院 生命環境科学研究科 修士課程1年 優秀賞(図書券5万円+賞状) ・氏名:川田 恵 氏 所属機関:神戸大学大学院 国際文化学研究科 博士後期課程2年 ・氏名:窄中 眞紀 氏 所属機関:大牟田学園 大牟田高等学校 3年 ・氏名:白男川 結衣 氏 所属機関:広尾学園高校 1年 ・氏名:中谷 真緒 氏 所属機関:明石工業高等専門学校 3年 機械工学科 2.審査委員 一般部門:(組織名 五十音順) 大阪大学 理事・副学長 工藤 眞由美 様 京都大学 大学院工学研究科 教授 木村 亮 様 京都大学 情報学研究科 教授 吉川 正俊 様 神戸大学 学術・産業イノベーション創造本部 准教授 鶴田 宏樹 様(審査委員長) 東京大学 大学院情報学環/生産技術研究所 教授 大島 まり 様 土木学会関西支部 副支部長 金剛 一智 様 日本貿易振興機構(ジェトロ) 大阪本部 本部長 根本 裕之 様 兵庫県立但馬技術大学校 校長 奥田 孝一 様 [キャタピラージャパン合同会社] 代表執行役員 明石事業所長 豊浦 信海 油圧ショベル開発本部 副本部長 清水 邦友 3.発表会概要:(資料1) 日時:2020年2月11日(火)13:30-19:30 場所:ホテルオークラ神戸 以上 キャタピラー社について: 建設機械の歴史は、1925年にキャタピラー社と共に始まり、未来へ続きます。

16
2018年イクボス企業同盟に加盟。 その結果、両部門合わせて留学生1名を含む22名からの応募がありました。

拠点/工場紹介|キャタピラージャパンについて|新卒採用|キャタピラージャパン

📲兵庫県は、雇用数に応じた補助金を拠出するほか、本社機能の移転を助成する制度を適用。 日本の事業拠点の一つでもある明石事業所では、半世紀以上に渡り、油圧ショベルの研究開発・製造をリードし、時代の先端を行く製品と技術を世界へ発信し続けています。

16
およそ21万平方メートルの敷地内に配した3つの工場で、明石事業所は、油圧制御の心臓部ともいえるコントロールバルブなどの主要コンポーネントから骨格を構成する板金構造物まで自社製造し、油圧ショベルを一貫生産しています。 相模事業所は1964年の開設。

キャタピラージャパン合同会社明石事業所(明石市)

😚 神戸新聞に掲載され、Yahoo! 一部機能が移転される相模原事業所=相模原市中央区 建設機械大手のキャタピラージャパン(東京・用賀)はこのほど、相模事業所(相模原市中央区田名)と本社の一部機能を明石事業所(兵庫県明石市)に移す方針を明らかにした。

2
事業所の実質的な製造停止は、キャタピラー全社の再編や新興国市場での販売不振などが原因と見られる。

「2019年度 第2回 兵庫・関西 キャタピラーSTEM賞」一般部門・学生部門受賞者発表および表彰・発表会のご案内|キャタピラーのプレスリリース

⚐ 子育てを理由にキャリアを諦めない仕組みが構築されています。 明石市は特に若い世代の子育て支援に力を入れているので育休制度などがきっちりしていれば、結婚・出産をしても社会復帰しやすい環境になりそうですね!. 今回ご応募・ご支援をいただきました皆様に感謝申し上げますと共に、本賞の継続を通じ、後援者である兵庫県、神戸市、独立行政法人 日本貿易振興機構(JETRO)、公益社団法人 土木学会 関西支部と、地域に根付いたグローバル企業として、社会・コミュニティーとのさらなる連携に努めてまいります。

18
また、社内には女性活躍推進グループが組織され、女性リーダーの育成、企業内外でのネットワーク形成といった活動を展開しています。 油圧ショベルの設計・開発拠点である明石事業所に油圧部品の生産を一本化し、機能を効率化する。

「2019年度 第2回 兵庫・関西 キャタピラーSTEM賞」一般部門・学生部門受賞者発表および表彰・発表会のご案内|キャタピラーのプレスリリース

😙 キャタピラー明石事業所(兵庫県明石市魚住町清水1106-4 代表執行役員 豊浦信海)は、日本で事業を始めて55年、またキャタピラーとなって10年を記念して、日本のイノベーション力の加速、特に油圧ショベル事業部がデザインセンターと製造施設を構える兵庫県を中心とした関西の発展の一助となることを目指し、地域の女性エンジニアの育成・支援をする「キャタピラーSTEM 賞」を昨年創設いたしました。 相模事業所には建機の故障診断施設や研修施設があるため、閉鎖はしないという。

1
理系の女性を広く支援する「リコチャレ応援団体」活動、「STEM賞」の創設 キャタピラージャパンは、世界最大の建設機械等の製造企業キャタピラー社の日本法人。

キャタピラージャパン、一部機能を明石へ移転/相模原事業所で生産停止

☺ 社員のWork life balanceを重視する施策として企業内保育所やテレワークを利用した在宅勤務制度等の充実を図り、今年1月には「イクボス企業同盟」に加入しました。 ダイバーシティ実現に向けたトップメッセージを発信し続け、フレックス・テレワーク勤務共に約1,000人が利用可能な状況。

12
キャタピラーグループを代表する油圧ショベルのリーディングプラントとして確かな信頼性に裏付けられた最新鋭の製品をスピーディーに世界のお客様へ供給していく。