李 下 に 冠 を 正 さ ず 意味。 李下に冠を正さず

「李下に冠を正さず」とは?意味や使い方を解説!

🐝 「李下の冠」とも。 「履を納れず」とは、靴に足を入れるという意味です。

ところが、最近、ある若い技術者とWordやExcelに備わっているオートシェイプ機能について雑談していたところ、彼は学校でフローチャートを習った覚えもないし、実際、ほとんど作ったことがないとのこと。 スモモの木の下で冠を被りなおすと、スモモを盗むと疑われるということです。

ことわざ「李下に冠を正さず」の意味と使い方:例文付き

🎇 自分も、上述の通り「李下に冠を正さず」で習っているのですが、 意味は「梨の木の下で・・・」となっていました。 「履を納れず」は、靴に足を入れるという意味。

19
先日まで担任だった先生だから、私が未成年であることは明々白々。 「他人に疑われるような行動は慎むように。

李下に冠を正さず

💙 「瓜田に履を納れず 李下に冠を正さず」と対句で使うこともある 「瓜田に履を納れず 李下に冠を正さず(かでんにくつをいれず りかにかんむりをたださず)」と対句で使われることもあります。 どちらの句も誤解されるようなことは慎むべきだという意味のたとえの表現であり、対句で使われるときも、それぞれの句ごとに使われるときも、同じ意味を表します。 1990年のある日、とある高校の先生が一人の生徒にお説教をしていた。

6
斉の威王の後宮に虞姫(ぐき)という女性がおり、虞姫は腹黒い臣下の悪事を王に告げます。

「李下に冠を正さず」、李は梨では?

♥ 「たださず」は「正さず」か、「整さず」か?ということについてです。 「古楽府・君子行」の「瓜田不納履、李下不正冠」が由来です。 君子は未然に防ぎ、嫌疑 けんぎ の間に處 お らず。

7
「李下に冠を正さず」の使い方と例文 次に「李下に冠を正さず」のビジネスにおける使い方と例文を紹介します。

瓜田に履を納れず

📲 20年ほど前、わたしの学生時代にはプログラムの最初のほうで「フローチャートの作り方」みたいな授業があって、実際、プログラムの演習時にはまずフローチャートを(手で!)描いてました。 春秋時代の范蠡 (はんれい)は、越王・勾践 (こうせん)に長年仕えた名臣です。 瓜田不納履、李下不正冠。

12
いずれにせよ、「君子行」「列女伝」ともに同じ意味で用いられており、古代中国の時代からよく使われた教訓であったことがわかります。

李下に冠を正さずとは

☭ 君主に仕え、時には直言 (ちょくげん)も厭 (いと)わぬ強さがあればこそ、必要がないと判断した時には、じっと口をつぐむ事も出来たのでしょう。 【出典】 『古楽府』君子行 【注意】 「君子危うきに近寄らず」と混同し、正しい人は危険なものに近づかないの意味で使うのは誤り。 そんな質問はありえない。

9
「李下に冠を整さず」とも書きます。 「瓜田不納履、李下不正冠」(瓜田に履を納れず、李下に冠を正さず) というのが本来のかたち。

「李下に冠を正さず」の意味とは?由来や類語を例文つきで解説

😔 「きちんとした人間は、災いは未然に防ぎ、疑惑を招くようなことはしない」という出だしに続いて、「 か 田 でんに くつを 納 いれず、李下に冠を正さず(ウリ畑では、かがみこんでを履き直すようなことはしないし、の木の下では、手を上げて冠をかぶり直すようなことはしない)」とうたっています。 そういうふうに考えをめぐらせば、私は高校生時代、 瓜田に履を納れまくり、李下に冠をいじくりまわし ていたような気がする。 「李下に冠を正さず」の意味は「誤解を招く行動は慎むべき」という戒め 「李下に冠を正さず(りかにかんむりをたださず)」とは、誤解を招くような行動は慎むべきだという戒めのことわざです。

「李下冠正さず」という略した表記を見ることはないので、略して記す時は「李下不正冠」となるのでしょう。