虚心 坦 懐 意味。 四字熟語「虚心坦懐(きょしんたんかい)」の意味と使い方:例文付き

虚心坦懐の意味とは?由来や対義語を紹介!使い方も例文で解説!

☢ 「眈々」はにらむ、見下ろすさま。

18
自分の気持ちを文章にする時や、スピーチなどで使うのがおすすめです。 ・逸る気持ちを抑えて虚心坦懐で挑まなければ、このプロジェクトは成功しないだろう。

虚心坦懐由来, 「虚心坦懐」(きょしんたんかい)の意味

⚛ リーダーは「メンバー全員と 虚心坦懐に話し合いたい」と述べた。 胸襟を開けるようになった 平穏な心 「平穏な心」は、心が穏やかで、気持ちが落ち着きもの静かな状態です。

その他、「 openly」「 honestly」などを使ってもよいでしょう。

「虚心坦懐」とは?意味や使い方を解説

✔ しかし、法律など英文の契約書で使用される場合には「権利侵害」という意味になり、「他の権利に影響を与えることなく」といった訳になるため注意しましょう。

18
虚心坦懐の類語・言い換え表現は? ・I will act in an open minded manner. ここでいう、虚とは無と同じで超越した状態である。

四字熟語「虚心坦懐(きょしんたんかい)」の意味と使い方:例文付き

👋 「虚心」はわだかまりのない心のことです。

6
・虚心坦懐の状態でいるために、一度リラックスタイムを設けた。 「明鏡止水」と四字熟語もよく使われています。

四字熟語「虚心坦懐(きょしんたんかい)」の意味と使い方:例文付き

🤝 虚心坦懐は気持ち的にもさっぱりとしているのに対して焦心苦慮は心を痛めている様子を指すので、お互いに対義語関係にあると言えます。 旺文社「漢字典」によると 【坦】には、土地がたいらか(=平坦)という意味での用法のほかに 心が安らか(=坦然)という意味での用法があると書いてある。

5
もしそれらを持った状態で話しかけたりすると悪い印象を持たれがちです。

「虚心坦懐」とは?意味や使い方を解説

💓 「虚心平気」は、福沢諭吉もまた「学問のすすめ」の中で使っています。

虚心坦懐は、 すっきりとしない気持ちを解消した、穏やかな気持ちのことなのです。

「虚心坦懐」という言葉がありますが「虚心」の部分が気になります...

🤟 本記事では、虚心坦懐の意味や類語、英訳などを紹介します。 虚心坦懐に意見をすり合わせましょう 虚心坦懐の由来 虚心坦懐は、2つの言葉を組み合わせてできた四字熟語です。 ちなみに、読み方は「きょしんたんかい」となります。

9
話の途中に入れると他の人が理解できずに嫌味に聞こえてしまうので注意が必要です。

虚心坦懐の使い方とは?由来や英語と素直に向き合う事を意味する類語も

🤫 虚心坦懐の類義語・同義語 「虚心坦懐」の類語としては、「虚心平気」や「」などが挙げられます。 :この上ないまごころのこと• 警戒心• その相手に対して文句を言いたい気持ちや嫌な態度をしてしまいたい気持ちを抑えて、「相手を慮り広い心で対応をしよう」といった気持ちを表すことが出来ます。

7
名誉や利益といったものに固執しない状態を表す言葉で、主に純粋な心の持ち主を指します。 出典: デジタル大辞泉(小学館) 「 虚心坦懐」は「 きょしんたんかい」と読みます。

【虚心坦懐(きょしんたんかい)】の意味と由来、使い方を実例で解説!│「四字熟語のススメ」では読み方・意味・由来・使い方に会話例を含めて徹底解説。

🤩 心を痛めて様々な思いをめぐらせて悩む状態を指す四字熟語です。 これらを読んでみると、やっぱり私が目指したい「たんたん」は 情が薄くてさっぱりしている「淡」ではなく いつも心を安らかにいたい「坦」 すなわち 坦々 であると思う。 単に疑問に思うだけではなく、相手の行為によって自分が不利になるのではないか?と相手を疑う気持ちのことを表します。

1
「坦懐」とは「心が広くわだかまりがないこと」「物事にこだわらないこと」という意味です。 編集部が選ぶ関連記事• その他にも• 虚心平気にやってのける 明鏡止水 心が清く澄み切って邪念のないことを表す「明鏡止水」も、虚心坦懐と似た意味を持つ言葉です。