スマトラ 沖 地震。 1−2 インドネシア・スマトラ島沖大規模地震及びインド洋津波 : 防災情報のページ

2009年スマトラ沖地震 現地写真リポート

👣 パダン市(PADANG)及びパリアマン市(PARIAMAN)を中心に、多数の建物が崩壊又は地震後の土砂崩壊により約1100人が死亡した。 3の本震だけを見ても、ずれた断層(プレートの境界面)は南北に約400キロ、東西に約150キロにわたる範囲に及び、ずれた距離(変位)は最大約20メートルという巨大な規模のものであった。 物資では、6000万円相当の緊急物資送付(テント、浄水器、毛布、発動機、医療品等)。

13
邦人の被害としては,35名の死亡が確認された(タイで23名,スリランカで12名,2005年4月現在)。

スマトラ沖地震とは

🚒 2012年2月15日閲覧。 歴史文学による に、インド南部のに面したにインド洋からの大津波が襲来し、修道院・寺院にいる数百人の人々が犠牲になったという記録が、同州の図書館に残っている。 バンダ・アチェの揺れは、では震度5強から6弱程度の強い揺れで、しかもその揺れが6 - 7分も続いたことで、住民に強い恐怖感を与えた。

19
前兆的変化 の解析によれば、スマトラ・アンダマン地域での1973年以降の地震を調査したところ、2000年7月(M9. 大津波を引き起こし、沿岸諸国で約30万人の死者・行方不明者を出した。 特に被害の大きかったインドネシアに対しては,約1,000名(国内において派遣準備中及び待機を含む。

スマトラ島沖地震発生から15年 近年も大きな地震発生が続く

🤞 このほかスリランカでは家を失った人が20万人、避難者が100万人以上にのぼる。

16
これらの地震によりも活発となっており10以上ので地震が増加 、5月と10月にはが噴火に至っている。

スマトラ島沖地震から13年!震源近くの島民を救ったものとは?

✍ NW-SE方向に伸びるスンダ海溝沿いの長さ約45kmの領域が約2. 77億ドルの支援を要請。 とっさに子供2人に浮輪をかぶせ、両脇に抱えた。

10
6の余震のモーメントテンソル解の速報値を利用して理論波形計算を行ったところ,このM6. 軍関係者住宅は海岸から3キロほど内陸の最も高い所にある。

2009年スマトラ沖地震 現地写真リポート

✍ 2004年12月26日午前7時58分(日本時間午前9時58分),インドネシア共和国スマトラ島アチェ州沖でM9. この地震による地殻変動を明らかにするため、日本の地球観測衛星「だいち」搭載の合成開口レーダーPALSARで(2006年10月3日と2008年2月21日に)撮影した画像データを干渉解析し、SAR干渉画像を作成しました。 被災者は数百万人に及ぶとみられる。 過去から地震を多数経験してきており、に入ってから発生した上記の地震もその一連の流れの一つである。

18
深刻な被害は出ていないようですが、今後再び同地区(スマトラ島沖等)で地震が発生した場合、再び津波がやってくる危険がありますので、十分な注意が必要だということです。 「海を見慣れた住民はすぐに逃げたが、海水浴客は尋常でない波に見とれていた」と逃げ遅れた原因を話す人もいた。

スマトラ島沖地震発生から15年 近年も大きな地震発生が続く

📲 被災地の捜索の本格化とともに、犠牲者数が急増の兆しをみせている。 ソマリア暫定政府の報道官は、「沿岸部全域で大きな被害が出た。 うち,2. (3)我が国の対応 今回の未曾有の大災害に対し,2005年1月6日にジャカルタで開催されたASEAN主催緊急首脳会議において小泉内閣総理大臣が表明したとおり,我が国は,アジアの一員として,資金,知見,人的貢献の3点で最大限の支援を実施している。

8
これにより発生した大津波がインドネシアのみならず,遠地津波として,タイ,マレーシアやインド,スリランカ,モルディブや,さらには遠くアフリカ大陸まで到達し,インド洋沿岸諸国に未曾有の被害をもたらした。 comでは、20万人の死者と1000万人の被災者を記録した1999年のサイクロンによる高波の被害も掲載していたが、だれにも信じてもらえず非常に寂しい思いをした経緯もある。

スマトラ島沖地震から12年、タイには津波死者ゼロの地域があった! 子々孫々に受け継ぐべき「津波から生き残るための10則」とは?

😆 9 スマトラ島南西沖 スマトラ島周辺で起こる地震の概要 [ ] 周辺の地形図 から、、にかけて、とがぶつかり合うスンダ海溝()がある。 1987年には,サイクロンによる高波によって,マレ島の3分の1が冠水するという甚大な被害が発生した。

9
地震の概要 スマトラ島の西方約160キロ、深さ10キロで発生した地震はマグニチュード9. その後の動きについては別項に記述する。 同国には91年から中央政府が無く、発足したばかりの暫定政府も隣国ケニアで活動している。

2009年スマトラ沖地震 現地写真リポート

⚛ アメリカ、イリノイ州エバンストンにあるノースウェスタン大学の地球物理学者エミール・オカル氏は、「津波は1メートル以下だった」と述べる。 地震の発生間隔 過去数千年で複数回の、大規模な津波の発生の痕跡が発見されている。 この付近では、1797年にマグニチュード8クラスの地震が発生しています。

19
今回はその隙間付近で長さ約45km(暫定値)の断層が動いてMw7. 5に次ぐ超巨大地震であった。