シャチハタ インク 交換。 シャチハタのインクの持ちは?交換や補充なしで使用可能な回数

シャチハタのインクの持ちは?交換や補充なしで使用可能な回数

😉 シャチハタとは大量生産型のインク補充式スタンプのことを指し、朱肉で押印するタイプの印艦とは別の物と考えられています。 インクがどれくらいもつかは、10年以上保存して問題なく使っている方がいますので、保存状態に問題なければ長持ちすると考えて良いでしょう。

8
夜のうちに補充して、倒れないような場所に置いておかないといけませんね。 実印などの朱肉を使う印鑑とは違って、使用後にわざわざ印面のインクを拭き取るようなことはほとんどしないでしょう。

シャチハタの寿命は?インクはどれくらいもつか?

😎100均のインクも確かに安くてお得ですが、インク詰まりや捺印回数がやや少なめなのがネックとなっています。

13
ただ、捺印回数や目詰まりの可能性を考えると、基本的には純正の補充インクを使用する事をおすすめします。

【図解】シャチハタのインク補充方法(Xstamper・ネーム印など)

✔ 保存状態に問題なければ、10年以上保つ ということはシャチハタの場合、インクの寿命より、やはり経年劣化の寿命の方が早いので、7~10年経ったものは印面の状態を確認する必要があります。 印面を押し付けてしまうことによって、印面が潰れてしまい、綺麗な印影が残せなくなってしますので、気をつけましょう。

【シャチハタインクの補充・交換方法】• 2.ふたをしてハンコ面(印面)を上向きに立てておく。

シャチハタの寿命は?インクはどれくらいもつか?

🤔 インクが薄くなって印面ゴムが硬くなると、ゴムが欠けたり破損しやすくなります。 それぞれ上記を参考にして、インクを補充しましょう。 補充用インクのノズルをシャチハタの印面に接地させた状態で一滴補充する• 印影が薄いなと感じた時に確認するポイント シャチハタのインクが薄いと感じた時に考えられる原因は以下の2つです。

18
XLR-9Nはカートリッジ交換式なので、とってもカンタン。

シャチハタのインク交換をしても濃くならない!復活をかけた奮闘記!

⚠ すぐに蓋を無くしてしまう• 何度か補充しているうちに、ちょうど良い量がわかってくると思いますが、最初は、なるべく慎重に垂らしてみてくださいね。 そこで、一体どれくらいの値段でインクを購入することができるのか、複数の通販サイトを調査しました。 見た目がかなり違いますので、違和感がありますがこれで問題ないのです。

19
補充用のインクは ネーム9の専用補充インク(カートリッジタイプ)を使用しましょう。 実は シャチハタはインクの補充時に2つのことを注意をするだけで、簡単に寿命を伸ばすことができるんです。

【図解】シャチハタのインク補充方法(Xstamper・ネーム印など)

👣 綺麗に捺印するだけでなく、シャチハタを長く使うためにも、シャチハタのインクの補充時に印面の汚れを取りましょう。

13
「インクを補充したのになかなか印影が濃くならない」というときには、印面を下にしてシャチハタのインクが浸透するまでしばらく待ってから、捺印してみると良いでしょう。

ネーム9|インキの補充方法|サポート|シヤチハタ

🐝 異なるインキを混用しますと使用できなくなる場合もあります。

2
補充用のインクは Xスタンパー全般に使用される顔料系インクを使用します。

シャチハタキャップレス9を分解したい!外し方はどうする?インク補充の仕方!

😁 高温などの悪環境でなければ、補充無しの最初のインクでも、10年以上保つようです。 ホルダーをしっかりとはめる• 100円均一で販売されているシャチハタの補充インクより若干高いくらいで、純正のインクを購入することができるんです。 なので、名前が変わったりして、お気に入りのボディに新しい印面を取り付けたいな〜と思っても、できないんですね。

シヤチハタキャップレス9は印面交換はできる? シヤチハタの「キャップレス9」は、好きなボディカラーや印面の書体を選べるオーダーメイド商品。 (メーカーに修理に出せば大抵は直りますが) インクはすぐは浸透しませんので、そのまま1日様子を見てください。