ファースト テイク ソニー。 THE FIRST TAKEとは?運営会社はSONY?海外の反応がヤバい!!|Anogate

LiSA×Uru×Ayaseコラボ曲、「THE FIRST TAKE」×ソニー1000XシリーズCM曲に

🤝 特に、 '85年10月に久米宏をメインキャスターに据えた「ニュースステーション」はプライムタイムに民放テレビ局が帯でニュース番組をやり成功したことや、ニュース番組にテレビ局外部の制作プロダクションが参入するなど、テレビ業界の常識を覆す試みだった。

7
有線接続時は無効。

LiSA from THE FIRST TAKE× WH

🐲 始まる前の息の音だったり、ちょっとしたため息だったり、息を吸っている場所、喉で吸っているのか、鼻で吸っているのかみたいなものまで、自分が感じられるぐらいすごく繊細なところまで聴こえるのに、CDのような壮大な、たくさんの音が入っていてすごく空間を広く使っているタイプの楽曲もストレスなく聴ける。

18
本チャンネルでは、高画質で4Kにも対応した圧倒的なクオリティを楽しめる。

milet、デビュー曲「inside you」の『THE FIRST TAKE』Ver.がソニーCMに起用決定!

✊ 今回ご紹介するのは、コロナ禍で通常の収録がおこなえないため、アーティストが自宅やプライベートスタジオで収録した映像を使用する 「THE HOME TAKE」シリーズとして2020年5月に公開されたものです。 優勝者には「THE FIRST TAKE」への出演と、配信専門レーベル「THE FIRST TAKE MUSIC」からのデジタルリリースが約束される。 Web CMでは、夜の屋上で眼下の街の喧騒を眺める女性が『WH-1000XM4』のノイズキャンセリング機能をオンにすると周囲の雑音が消え、目の前に『THE FIRST TAKE』で『紅蓮華』を歌うLiSAが現れる描写を通して、『WH-1000XM4』でリスナーとアーティストがもっと近づく『圧倒的な音楽体験』が可能になることを表現しています。

6
ソニーマーケティング株式会社は、ノイズキャンセリング機能と高音質を追求したソニーのヘッドホン『1000Xシリーズ』と、アーティストによる一発撮りのパフォーマンスを鮮明に切り取るYouTubeチャンネル『THE FIRST TAKE』とのコラボレーションをお知らせします。 ノイズキャンセリングOFF時、DSEE ExtremeTM・イコライザーOFF時は約38時間再生可能。

THE FIRST TAKEとは?運営会社はSONY?海外の反応がヤバい!!|Anogate

👌コンセプトは 「いま、こんなときだからこそ、音楽を届けたい。 コンセプトは 一発撮りのパフォーマンスをすること。 」とコメント。

アーティストの一発撮りのパフォーマンスを鮮明に切り取るYouTubeチャンネル「THE FIRST TAKE」(チャンネル登録者412万人)とソニー 1000Xシリーズのコラボレーション第4弾が決定した。

「THE FIRST TAKE」で2000万回再生のYOASOBI「群青」をソニー独自開発の音響フォーマット『360 Reality Audio』で楽しめる、新体験WEB CMが公開

✊ あどけないルックスからは想像もつかないディープで芳醇な歌声で聴く者を魅了します。 加えて、装着検出によって、ヘッドホンを付け外すと自動で音楽を一時停止・再生再開します。 古舘氏がキャスターを務めるテレビ朝日の「報道ステーション」の制作も手掛けている。

3
8万人と、かなりのスピードで成長している注目の音楽系チャンネルです! コンセプトは「一発撮りのパフォーマンスをすること。 で好きなアーティストの動画を見ている方も多いのではないでしょうか? そしてで今人気なのが「THE FIRST TAKE」(ザ・ファーストテイク)。

milet、デビュー曲「inside you」の『THE FIRST TAKE』Ver.がソニーCMに起用決定!

🤩 しかもYouTubeがこんなにも綺麗な音で視聴できる時代って素晴らしいなって思いました。 人の音楽っていう意味では自分の中の答えを探せる場所。 一発撮りのパフォーマンスをすること。

16
また、『WH-1000XM3』と同様に、ヘッドホンの外側と内側に配置した二つのセンサーで効率的にノイズを集音する「デュアルノイズセンサーテクノロジー」を採用。

ファーストテイク ソニー

🐝 一方、MDR-900STは音の加工がなく、全帯域の音量が均一で原音イメージそのままで聞くことができます。

18
主な用途としては「スタジオモニターヘッドホン」としてボーカルや楽器をモニターするときに使用されます。

THE FIRST TAKE

🤜 今回の映像は「THE FIRST TAKE」がきっかけとなり、新時代を代表するアーティストLiSA、Uruが共演。

6
この時世で会いたい人に会えない辛い思いをした人が沢山いると思いますが、離れていても心が繋がっていれば何も怖く無い、大事なのは距離じゃない、そんなメッセージを僕なりに込めました。 ありがとうございました。

ザ・ファーストテイクで使われているヘッドホンはこれ!

😙 」と記載されており 、ミュージシャンは必要な機材・楽器が用意された真っ白なスタジオにて、ボーカル・パフォーマンスを中心に演奏し、楽曲やチャンネルに関するコメントを残している。 THE FIRST TAKEで使われているヘッドホン そんな人気のTHE FIRST TAKEの中で多くのアーティストが使っているヘッドホンがあります。 なぜかというと出来上がったもの、自分が完璧だと思えるもの、クオリティーも全部含めて、自分が作り上げたLiSAしか見せたくないって思っていました。

郷ひろみがバーニング移籍後も、マネージメントを担当。