艦これ 辞める ss。 [B!] 提督「提督辞めようとした結果www」 : あやめ速報

提督「艦娘に冷たくした結果www」 / SSまとめアンテナ

⌛ それにあの三体は駆逐艦最強トリオだ…。 艦娘達のイザコザや大本営からの無茶な命令の数々。

18
さっきまで府抜けたツラでしたから、てっきり泣きべそ掻いて提督の所まで戻るかと思ってましたわ」 鈴谷「そんなの駆逐艦じゃあるまいし……っよし! 全力全開、行くしかないっしょ!」 熊野「あらまあ、本当に分かりやすい。

提督「提督辞めてやろ!」

😜 偉い人たちが言いたいことは尤もです」 元帥「…本気かい?」 提督「はい、断ったら面倒なことになりそうですし…艦娘の娘達に迷惑はかけられません」 元帥「でも彼女たちは…」 提督「誰かの意思とか、今はそんなことを言ってる暇ではなさそうですしね…元帥が直々に相談してくる時点で、諦めますよ」 元帥「…私は、君が一言いってくれれば」 提督「いいんですよ、そちらも色々大変なようですし、従って事が円滑に進むならその方がいいじゃないですか…」 元帥「…ごめん…本当に、ごめん」ドゲザ 提督「や、やめてくださいよ!そんなに軽い頭じゃないんですから!!」 元帥「…」 提督「…正直、こんな形で辞めることになるのは悲しいですが、仕方がありません」 提督「但し、一つ条件があります」 元帥「…なんだい?」 提督「艦娘の娘達を、よろしくお願いします…彼女達を、守ってください…」 元帥「…分かってる、約束するよ」 提督「それと…」 元帥「…?」 提督「これから私がすることに、一切口出ししないでください」 元帥「…それはどういう…?」 提督「…すぐに分かります。 何か言いたい事ある?」 駆姫『ク……ミンナ……!』 川内「お、仲間が大事だった? でも残念、喧嘩を売ったからには仕方ない。

15
Good• 売らないですけど。

【艦これ】色んな鎮守府の日常【SS】

✆ 旗艦は先ほども書いたように「雪風」です。

18
この時の提督は本当の意味で安らいでいた。 3ページ目は重雷装巡洋艦と軽巡洋艦、駆逐艦、潜水艦が登場です。

提督「艦娘の目の前で死ね。と?」

📱 85 ID:mnepNzgr0 加賀「では私は行ってきますね」チラ 金剛翔鶴「……?」 加賀 ニタァ 金剛翔鶴「」プルプル 夕張「最大数値が100だっけ? どれくらいあるんだろうね」 瑞鶴「あの提督でしょ? 20くらいじゃないの?」 夕張「あー……たまに優しいけどね。 しかし、それでも再開しようとは思わないと思います。

1
Heil unserm Führer, Heil Hitler dir! 敵艦発見の報は?」 武蔵「まだらしいな。

もし、俺が提督だったら

👏 以上、通信終わり」 提督「……やれやれ、本当に忙しい一日だったな」 大淀「ええ、まったくです。

12
手に入れた一番嬉しかったのは「島風」だったかも。 「みんな、俺にやめて欲しくないか?」 『はい!』 OK、これなら大丈夫。

【艦これ】色んな鎮守府の日常【SS】

☭ 日暮れまでに終われると良いが」 陸奥「あら、もしかしたら通信傍受なんてなくて、敵さんも全員撤退してるかもしれないわよ?」 長門「それで終わればそれでよし。 如月、離脱します」 天龍「おう。

3
さ、提督の死亡の可能性が高まったことにしましょう。

もし、俺が提督だったら

🤪 イベントでは雪風ほど使いませんでしたが。 大淀「提督、起きてくださ…!?」 大淀が部屋を見るとそこに提督は居らず、代わりに裳抜けの空と貸した部屋と机におかれた辞表があった。 どうしてもという艦娘がいたので、一人だけ今お会いしていただけますか?」 大淀「なにぶん一番練度の高い艦娘ですから……カッコカリとはいえ、奥さんの怒りは旦那様が解いてあげてくださいね」 大淀「それでは失礼します。

Dem Hakenkreuze ergeben sind wir. やっぱりそーだよね」 天津風「じゃなかったら朝まで無茶苦茶キレてた大和さんが、長門さんに呼ばれた後いきなり大人しくなったりしないでしょ」 島風「あれ怖すぎだったし……っと。 手持ちの一番古い艦娘は軽巡洋艦の「天龍」です。

【艦これ・大和SS】提督「心が読めるインカム?」

💖 」 警察2「彼女が知り合いかと思われます」 3人の男の人が歩いてくる… 夕立「…な…んで…」 佐世保提督「大丈夫ですか? あのバカ提督、オレ達には心配させるくせに、自分が心配させられると怒りやがるからさ」 睦月「そうだよ如月ちゃん……早く戻ろう?」 如月「……そう、よね。 提督「無駄にガソリンを消費させやがって…」 提督は苛つ苛つきながらバイクを走らせ、夕方頃に内陸部の街に逃げていった。 アイオワ、ビスマルク、伊勢、ローマは護衛艦とともに包囲を維持したまま扶桑の穴を埋めるよう時計回りに移動!」 長門「提督! ここは任せた! 長門、抜錨する!」 大淀「後方にいる艦娘達への装備換装、抜錨も完了しました。

12
」 連装砲ちゃん「キュー…」 島風「な、んで…あは、あはははは…」ポロッ 島風「私…のせいだよね…私…普段から提督に速く速くって言ってきたのに…」ポロポロ 島風「こんな事…速くちゃ…ダメ…」ボロボロ 島風「うわあああん! 提督は大破した艦載機を踏み砕き、手の中にあったGPSを上空に放り投げて拳銃で百発百中の勢いで撃ち抜いて破壊した。 川内以下六名、直ちに抜錨し敵艦隊を沈めてこい!」 川内『了解! こんなに良い夜戦なんてそうそう無いからね、一匹たりとも獲物は逃がさないよ!』 望月『ぅあー、めんどくせー……一発で沈んでくんないかなー』 文月『よぉーし、頑張るよぉ~!』 提督「……というわけだ。

もし、俺が提督だったら

👎 なんて関心してる俺の襟を加賀さんが掴んだ。 」ダキッ 天津風「…ちょっと」 提督「あ…すまん」バッ 天津風「全く…もう許さない」プイッ 提督「ホントごめんってば! 構成は姫級や鬼級の混在した全艦種。 しかしこれが不味かった 提督「」ガンッ 島風「…おう? 提督「何かが来る…。

13
Treudeutsch im Herzen, im Kampfe fest und zäh. 50 ID:ymAQoNL70 長門「皆で順番に使えば良いんじゃないのか? 順番なんて早いか遅いかの違いじゃないか。