メガトン ゲイル。 無限起動要塞メガトンゲイル(むげんきどうようさいメガトンゲイル)【スーパーレア】

【無限起動(むげんきどう)デッキ】大会優勝デッキレシピまとめ

📱 このカードをそのモンスターの下に重ねてX素材とする。 素材はXモンスター3体と非常に重い、無限起動には墓地からの蘇生効果があるので見た目ほどのきつさはないもののそれを差し引いても3体はなお重い。 その名に違わぬ重量級モンスターです。

1
1 :このカードはモンスターゾーンに存在する限り、このカード及びXモンスター以外の効果を受けず、Xモンスター以外のモンスターとの戦闘では破壊されない。 3 :このカードが墓地に存在する場合、自分フィールドの機械族リンクモンスター1体をリリースして発動できる。

【遊戯王】まさに無限地獄『メガトンゲイルバグースカシステム』について紹介 / サテライト名古屋店の店舗ブログ

⚛ そのモンスターをこのカードの下に重ねてX素材とする。

13
2 :自分の墓地のXモンスター1体と相手フィールドのカード1枚を対象として発動できる。

【遊戯王】まさに無限地獄『メガトンゲイルバグースカシステム』について紹介 / サテライト名古屋店の店舗ブログ

😀 ) いるかCSにおいて採用していた神の宣告は拮抗やライトニングストームを見れて手違いや勅命というような永続を守ってゲームを進めれるので理論上こちらの方が強いはずなのですが、 どうも調整を重ねると今期に関しては通告の方が優秀だと判明しました。 正規の召喚方法でこのカードをリンク召喚することさえできれば、除去されたとしても蘇生することで性能を十全に活かせます。

はっきり言って弱い。

【十二獣エルドリッチ】解説記事|ガリス|note

✊ 2 :自分の墓地から機械族モンスター1体を除外して発動できる。

20
さらにはXモンスター以外のモンスターには滅法強いと来ています。 素材の関係上リンクは素材に絡められないなどもあって余計重さが目立つ。

【遊戯王】まさに無限地獄『メガトンゲイルバグースカシステム』について紹介 / サテライト名古屋店の店舗ブログ

⌛ 魔法罠には無力だが、リンク3で4000打点あることを考えても妥当と言える。

4
(涙) 《SNo. スイッチ版の最新情報• 紹介したカード以外にも貫通を付与したり、直接攻撃できるようになったり、ダメージを反射したり等、 相手のライフを削る効果を持ったカードが多く存在します。 このカードを手札から守備表示で特殊召喚する。

【無限起動(むげんきどう)デッキ】大会優勝デッキレシピまとめ

💓 《武神-ヒルメ》と「武神器」で 《武神帝-スサノヲ》をエクシーズ召喚• 今回は、私がハマっているコンボ 『メガトンゲイルバグースカシステム』についてご紹介します。 前期環境は序盤から終盤、一時特定のテーマがちょっと優勢となることあれど基本的に様々なデッキがいた群雄割拠環境でした。

16
XXインフィニティ・ダークホープ》 《揚陸群艦アンブロエール》 なんかと組み合わせても面白そうですね! 《No. 来年まではこれがヌメロニアスの代わりになるか。

無限起動要塞メガトンゲイル(むげんきどうようさいメガトンゲイル)【スーパーレア】

🐲 ところが、ある日 「十二獣とエルドリッチを組み合わせたら、前にも妨害が置けるからバック破壊に弱いというエルドリッチの弱点と、後続が続きにくくライフカットが遅いという十二獣の弱点を補いあったデッキが出来るのではないか?」という思いつきで組んだデッキをADSで作って遊んでいた所、 思ったより高い勝率(一時は8割を超えました)が出た事に加え、数日すると似たような構築とADSでマッチングするようにもなり「あれ?もしかしてコレ当たりなのでは?」と研究進めてみたら優秀な事がわかったのです。 手札に 「十二獣」モンスターと 「エクシーズ・シフト」の 2枚があれば理論上はエクシーズモンスターを 3体並べることは可能です。

18
・そのモンスターの表示形式を変更する。

無限起動要塞メガトンゲイル【遊戯王トレカお買得価格通販:トレコロ】

😜 その間に盤面を整えたりアーゼウスを用意して試合を有利に進める準備に当てましょう。 今までの展開力では出すのが難しいモンスターでしたが、今では割と安定して出すことができます。

6
ボスや寄り道の攻略• メガトンケイルの落とすアイテム 通常 レア メガトンケイルの行動パターンと特徴 3DS版では最初からゾーンになっているモンスターが存在します(ゾーン状態にならないモンスターを除く)。

無限起動要塞メガトンゲイル(むげんきどうようさいメガトンゲイル)【スーパーレア】

✇ このシステムの素晴らしい所は、『無限起動要塞メガトンゲイル』の弱点である エクシーズモンスターの攻撃、効果を『No. 神の通告の方がより使い勝手が良かったものの、こちらもポテンシャルは十分と感じています。

8
安定してフィールドに出せるモンスターではないが、ロマンとも言えない。 1 :自分フィールドの機械族・地属性モンスター1体をリリースして発動できる。