中川 重政。 姓氏と家紋

信長公記巻四

🐾 焼き討ちののち志賀郡は明智光秀に与えられ、坂本に城が築かれた。 9月20日、信長公は岐阜に帰陣した。

11
近江衆(進藤賢盛、山岡景隆、山岡景宗、青地元珍、池田景雄)• 『前田家所蔵斯波系譜』では「元 斯波氏にして、足利家の重臣斯波高経の裔なり。

「中川重政」の用例・例文集

👊 一般政務にたずさわる家臣グループです。 のち中川治郎左衛門伊治の養子となり、中川八郎左衛門と称す。

13
男子:• 慶長7年9月3日、毛利輝元の次男として京都の伏見で生まれる。 弟に、、などがいる。

信長公記巻四

❤ のち、丹羽長秀の配下に転じたようで、若狭国の小浜郡代として小浜城に入り、北陸の陸路・海路の物資集散の中継地点の代官職をこなした。 光重隠居後、前田利家の八女 を妻としていた嫡男のが、自身の四千石に光重の分から1万7千石を合わせて相続して跡を継いだが、慶長18年(1613年)に藩を去ったため、次女の婿で5千石を分知されていた甥の が家督を相続し、代々藩の家老や奉行職を務めた。 長光寺城:柴田勝家• 美濃衆: 、斎藤新五郎、坂井越中守、佐藤秀方、遠山友忠など 信忠軍はやがて、信長からの家督譲渡、佐久間信盛の追放により、佐久間軍の一部を吸収する等、拡張していきます。

14
佐和山城:丹羽長秀• 一方山下では老若男女が徒歩はだしで逃げまどい、取る物も取り敢えず八王寺山にのぼり、日吉大社奥宮の社内に逃げこんだ。

中川 重政

😜 11年()9月の信長上洛以後は、京畿の所務担当者として・・らと連判状を頻繁に出しているが、永禄12年()の攻めでは信長の馬廻の1人であったため、軍事的にはこれらの重臣達とは大きな隔たりがあったようである。 出家後は宗半、巨海斎と号したため、 中川宗半の名で知られる。 重益は三河国坂崎郷に住んだが、のち同国戸呂(土呂)郷に遷ったという。

20
それが各方面軍です。 Webmaster Solution Alexandria A windows pop-into of information full-content of Sensagent triggered by double-clicking any word on your webpage. ともあれ、こんな風にして、藤吉郎は大いに手腕をふるったが、長くはこの役目にいなかった。

「中川重政」の用例・例文集

✇ なお、筒井順慶はその後まもなく、同年に成立した幾内方面軍に属することになります。 以降、各方面軍についてそれぞれみていきましょう。

管領家の細川昭元や幕府奉行衆の松田監物など、元々身分は高かったものの、武将や吏僚として役に立たないと信長に判断された者たちを指しています。

6ページ目

👊 合戦では総大将の本陣を固めました。 門下の熱心なであり、茶会にも何度も招かれている。 京都所司代の村井貞勝。

4
部将 独立した軍を動かすほど軍事力を持つ家臣グループです。

信長公記巻四

😝 永原城:佐久間信盛• 、の家臣。 このとき、小谷山城攻めに加わったのは、佐久間信盛・柴田勝家・丹羽長秀・木下秀吉・蜂屋頼隆らの諸将であったが、明智光秀は、中川重政らとともに、江西方面の押えとなっていた。 織田系図に「信定-信次-某(刑部大輔、法名宗養)-重政(駿河守、後に中川八郎右衛門と称す、信長に属し軍功あり)-武蔵守(宗半、前田利家婿)-大隅守-弥左衛門」と。

6
また、河内衆は信長の直属となり、大和衆の箸尾為綱はの配下となったようです。