古楽 の 楽しみ。 古楽

古楽の楽しみ、他 LX (随時追記)

😛 やさしく、やわらかく歌うところに魅力があります。

5
Christopher Jarvis Haley Hogwood 英• 我々が悲しいと感じる短音階 (エオリアン)が古代ギリシャでそのまま使われていたわけではないですが、それでも長調系の音階を幸せ感に、短調系の音階を悲しみに関連づけて感じていた 可能性は完全には排除できないと思います。

古楽の楽しみ

⚒ 女性が作った同じく単旋律の 合唱曲ですが、ヒルデガルトが予言者のように存在の向こう側を見透す体験を重ねていたことに関係があるのか、どこか深遠で心洗われるような響きに聞こえる のです。 European Union Baroque Orchestra• 実験的なジャズでもそうです。

11
モンテヴェルディ:歌劇「ポッペアの戴冠」(2017)、ヘンデル:歌劇「リナルド」(2020)はバロック・オペラの新機軸として高く評価されるとともに多くの話題を呼んだ。

古楽の楽しみ、他 LX (随時追記)

😄 Thomas Hengelbrock 独• 上と同じく 「おお血の赤さよ」 (O rubor sanguinis) が入っています。 その元となった女教皇ヨハンナは実在 したのでしょうか。

12
Gunar Letzbor 墺• 1日目はクープランやラモーなどの室内合奏曲を中心にお送りします。 Handel and Haydn Society)• 歌詞は血の赤さについて「決して汚されることのない神性の花」と讃えていますが、虐殺され 殉教した者の姿について語っていると同時に、確固とした女性性によって天と人間を繋ぐより高い原理について示唆しているのだと思います。

NHKクラシック トピックス:NHK

🙏 (2017年4月20日放送) 3月16日(金) 「16世紀から18世紀の聖母マリアの音楽」 聖母マリアの音楽特集(続編)。 でもそうした訳詞が、喉から手が出るほど欲しいのが、フランス・バロック音楽のファンなのです。 これは懐かしい録音です。

Christoph Spering 独• 頭の中は笛吹きに身を窶す亡国の姫君にて隠密。 The Sixteen and The Symphony of Harmony and Invention• その演奏には古楽器ブームの頃によく聞かれた、フ レーズを幾分途切らせながら進むような好みがあり、途中で頻繁にグリッサンドを下降片方、もしくは往復でポロロロンとかき鳴らす癖もあって、案外私にはど の文明の音楽もマイケル自身の音に聞こえました。

NHKクラシック トピックス:NHK

😂。 古代ギリシャではグレゴリオ聖歌のように単旋律の音楽だけで和音は使われてなかったと考える方が 不自然ですが、資料として残っているのは単旋律の音楽と個々の音階だけで、当時の和音のことは分 かっていないわけです。

16
思わずこちらから耳が聞きに行く感じで聞き 惚れます。

古楽

🙌 メディアへの露出も多く、NHK-FM「古楽の楽しみ」レギュラー、テレビ朝日「題名のない音楽会」にもゲストとして出演している。

ご投稿ありがとうございます。

古楽の楽しみ

🤗 La Risonanza• というのは最初の一単位のフレーズが「ソレー・レー、シドレドー」な ので、ソから始まっている音階のように現代の我々の耳には聞こえるからです。 Jos van Immerseel 白• もし自国語や方言で聞こえたと思っても、それは自分の中の言語機能を使ってラジオのようにデコード(再現)されたものです。 木製ホイールが弦を擦って鍵盤で弾く中世の楽器ですが、別名シンフォニアとも言 うようなので、グループの名前みたいです。

14
Orchestra of the Eighteenth Century• 東京藝術大学及び同大学院修了。 Anima Eterna• Alan Curtis• Trevor David Pinnock 英• 1960年代以降には、研究も進み、レオンハルト、アーノンクール、ホグウッドといった指揮者が活躍し、古楽演奏は一種のブームとなり、現在ではすっかり定着しています。

ヒルデガルトフォンビンゲン 古楽名盤聞き比べ(CD比較)短調は悲しい

🐲 アラブの音楽はまた独特の短調に近いものに我々には聞こえます。 Marc Minkowski 仏• 2016年4月に一部の出演者に交代・担当の変更があった。

5
ソロで歌 い(キャサリン・サージェント[s]) 、テンポはそこそこ速くて語尾のフレーズを延ばし過ぎません。 特に最初の一曲、 「おお血の赤さよ」(O rubor sanguinis)は 大変印象的です。

古楽の楽しみ、他 LX (随時追記)

👀 Richard Egarr 英• Concerto Italiano• Concerto Copenhagen ドイツ [ ]• 何種類もの話があることから女性の地位回復を願う無意識の悲願があったことは確かでしょう。 Paul McCreesh 英• The Cygnus Vocal Octet、ジャパンチェンバークワイア、ヴォーカル・アンサンブル カペラ、古楽アンサンブル コントラポント等に所属。 ベルギー [ ]• なお、2018年よりリクエストコーナーが月一回(第一金曜日)のみから月二回(第一・第三金曜日)に変更されている。

8
セクエンティアとアノニマス4を両極とすると中間的で、さらっと歌うので別の曲のようです。 Le Concert Spirituel)• 墓碑銘なので悲しんでいるのかどうかは分かりませんが、歌詞は普遍の真実で、「生きてる間は輝いてほし い、人生は束の間だから」という内容を歌っています。